より安定した生活基盤を手に入れるべく正規社員として働くことを意識している…

安定性を手に入れるべく正社員を目指す人は少なくないでしょう。

  • 安定した生活基盤を欲しがって正規の雇用社員になりたいと考えている人は相当います。しかし、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、中々正社員としての転職がうまくいかないケースも少なくないはずです。非正社員の求人が目につくのに正規雇用の求人募集に執着しすぎて、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。もしもあなたが、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員の求人募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には働きぶりによって2,3年で正規雇用にステップアップが図れることもあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会の有無を質問しておけば、将来設計が立ちやすいはずです。
  • 看護師|再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を渡された場・・

  • 転職の面接などの場面で名刺を渡してきた場合、自分も同様に名刺を渡す必要があるのか?ないのか?と迷ったら、ほとんどは差し出す必要のないもの、と頭に入れておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、大体は名刺を交換する時間とは違います。また、あなたは会社の者として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。それゆえに、相手から名刺を差し出されても、こちらは名刺を受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡す義務はまったくないと言えます。
  • 違った企業がいいと転職活動をする場合には「はやく、内定がものにしたい…

  • もっと良い企業に入りたいと転職活動中のときの場合は「ほんのちょっとでもはやく、内定をもらいたい」と思っているはずです。が、その気持ちが強くて吉報が欲しいあまり、自分の能力に関して嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価するかのような売り込みはなるべく避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を見極めましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを使用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動することは現在の常識かもしれません。さらに、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、それに並行して転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加したのなら気になる希望の情報に直に触れられますし、同時に、説明を担当するスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。これから、転職フェアに行くときには、1次面接を受けるつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。それによりフェアの最中に企業から気に入られれば、その後の面接に進む際に非常に有利となるからです。
  • 以前は求人情報には、必要とする人材の「性別」まで明記されていました。

  • 一昔前の求人誌に雇いたい人の「性別」まで当たり前のように書かれていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別がしてはいけないルールが決まり、募集要項の概要に男女の性別を記載しないようになりました。けれども、募集情報を出す会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実に、実は男手を欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる職場です」といった内容の案件は、雇用側が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方が良いです。