今のあなたの仕事や職場に関して、不服に感じていることの中に・・

看護師|今現在の自らの勤め先や業務内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

今現在の自らの勤め先や仕事に対する不服に感じていることの中に、「自分のスキルや能力を真摯に評価してくれない」それゆえに「月給は増えないし、レベルアップも出来ない」と言う不服を漏らす人もいます。でも、そういった不満を持っている人の中には、自身の本来の技量を過剰評価していることもあるのです。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性が少なからずあります。そういうわけで再就職で成果をだすためには、実際の自分のキャパシティを客観視することが大切です。

看護師|仮にあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」において…

仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に移り住んで再就職したいと思っている人が、近年増えています。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、郊外・地方での求人情報にも閲覧できるようになっています。けれども、地方や郊外での求人情報では、募集してる企業や会社の数自体が少ないのがデメリットといえます。ですから、求人サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども定期的に確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートに関する情報も見逃しがないようにしましょう。

看護師|転職活動の中の話題に上がるのが年収です。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。面接では、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。本当の年収を多く偽って、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはないものと考えておくべきです。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、その意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるなら、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することを最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的には退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。思うようにはいきませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに前の会社に対しての愛想が尽きました。

看護師|転身の意思を固めたのなら、あくまで会社の人には内密に…

一度あなたが、転職の決めたのなら、あくまで会社の人にはひそかにそれを告げないように、首尾よく転職活動を進め、現在の会社に所属している間は、可能なだけ社内の人間に悟られないよう平常通りに仕事をする方がとても良い形といえます。現職中、その姿勢でいれば、もし条件にあう働き先が簡単に見つからなくても、転職を見送りながら現在の職をそれまで通りに残ってもできます。でも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲の人は、その言葉を受けた態度をします。そして「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲からは「あの人は退職する人」と受け止められます。しかしもしも、転職の気持ちが消えて、「やっぱ退職しない」となっても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、身の置き所がない思いををすることもあるでしょう。