今の自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職をしていく場合…

看護師|今の自分のスキルや資格をふまえて転職を考える場合に、…

  • 自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動をしようと考えているのなら、比較的、再就職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておいてください。再就職がしやすい業界としては、常に人手不足になっている「医療・介護」が代表でしょう。医療・介護の職種では看護師および介護士資格が必要であるため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事のきつさから、異業種へ再就職したいと思っているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、流動性がそれほどありません。なので、容易に考えないことが大切です。異業種への再就職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

  • 看護師|転職する場合の面接でかなり高確率で問いかけられる…

  • 転職をする際に面接で高い確率で問われるのは前の職場を辞めたのかということですが、このような質問に回答する際には話の内容を辞めた会社にしない方が安心です。前職を辞めた理由を的に絞り話が進むと必ずマイナス面を含んだ面接になってしまいますから。この話の良い進め方は、以前働いていた会社を退職したのはぜひともこちらの会社に入りたいと思っていたからといった話の中身にすべきということで、入社したい会社の方に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、こういった内容ならば悪い面ではなく好印象の前職を辞めた理由にすることができます。

  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では・・

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界・企業ともに今までとは違う社会的な変化が増加しつつあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業のあいだでも今度は労働人口減による「人材不足」が社会では大きな問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を増やしていくつもりでいると安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

  • 看護師|長年接客業でお勤めしてきましたが、年のせいか立ったお仕…

  • 長期間接客業で仕事を続けてきたのですが、歳をとるにつれ立ち続けなければいけない仕事は体力的に耐えられず、座って仕事ができる事務の仕事への転職を志して行動を起こしました。事務未経験となると少々厳しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人病院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけでよい人間関係を気づくのが難しい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時よりも帰宅する時間も遅いのですが、今はキャリアを形成する時期と受け入れて頑張ります。

  • 看護師|前なら看護婦ですが看護師という仕事は、歴史的にも女性比率がかなり大・・

  • その昔は看護婦と言われていた看護師といえば、どうしても女性比率がとても高い職種です。それだけでなく、気力や体力を消耗が激しい特徴もあります。そのために、職場環境での対人関係のいざこざや、結婚や出産の後にそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事です。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職される人が多いのが現実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に陥っています。常に各病院は、看護師が足りない「売り手市場」であり、転職の増加を後押しする要因になっているのでしょう。