就職のため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人…

看護師|就職のため職探しをする際に注意が必要な求人の募集内容は・・

  • 転職活動中に気を付けたほうがよい求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を組み込むというものです。(なお、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代50時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」ということになるわけです。が、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を表記していない可能性もあるのでしっかり気を付けてください。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年ごとに自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはな…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職を通じて実感しました。新婚した後、生活が落ちついたあとすぐにでも子供を授かりたかったので、その間までと思いだいたい1年半~2年くらい今の部署でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員より給料は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由のために、この道を選択しました。しかしながら、いざ入社後、一緒に働く人たちの大半が派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣であったとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。
  • 看護師|後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から行動するようにしましょう。

  • 転職することを成功させたいのなら、事前に行動をするようにしなくてはいけません。この頃は例えば小さな企業であろうともHPに企業のことを書いているケースがとうぜんだから、インターネットの機能を利用してあれこれをチェックしておくとまたその企業のなんだろうと思う点などをチェックしておくと転職に役立ちます。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。希望している職場を自分の目で判断してみましょう。
  • 看護師|雇用期間中なら、極力周囲が気づかないように、(ちなみに私のと…

  • 雇用中はできたら、社内の人間に悟られないよう、(私のときは)在職期間中に転身の意図だけを活動初期の段階で会社内で仄めかしてみました。けど、その後求人を色々と見たものの、悲しいことに就職する時期など、何一つ決まらずダラダラと時間だけが経過してしまいました。そして会社の方も仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経たあと、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 転職エージェントは大手であるほど、多種多様な案件を取り扱ってい…

  • 「就職エージェント」の大手ほど、いろんな案件があるという長所がありますが、それに比例するように、競合する転職希望者も多いです。だからあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフが望みがないと判断すると応募してくれないこともザラですし、あなた以上に転職の可能性が高い適正人物が他にいたら、その人を優先したりもするのです。大規模なエージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いけっこう難しいので、策略を変更して中小規模のエージェントたちに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか、と話しをしておくと自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。