看護師|再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業クラスの場・・

転職の際の採用面接では、中堅企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

  • 転職時の面接では、中小企業だったら概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、これから職場でかかわりの深くなる一番偉い人、かいつまんで言えば課長・部長などの中間管理職が当たることになるでしょう。とりわけ事務・営業などのジャンルでは、資格を介した人の評価が難しいですから、なんといっても自分という人物を売り込んでいくことが必要なのです。面接官から「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」と訊かれると思います。このときに、どれだけあなたが間違っていなくとも、過去の職場の「人間関係」「労働環境」に関しての愚痴を絡めた返事などは、できれば控えましょう。というのも、此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が必要です。本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、自分の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といった売り込みの形が重要です。

  • 看護師|転職活動は、企業とのやりとりよりも採用担当の面接官との…

  • 転職とは、企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接官に良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例えれば女性とお見合いをするような意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接内では最も初めにあなたの雰囲気や人間性をくまなく見られるので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイに避けましょう。良識ある社会人らしさが伝わるように、身だしなみや服装を整えながら、オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている…

  • 生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が大多数ですが、それは誤解です。実際は、失業保険をきちんともらい続けるためには、求職活動を行っている必要があり、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。対称的に、真剣に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、ルールとして給付の一時停止に至ったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるので注意しておきましょう。

  • 「石の上にも三年」という格言があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。けれども、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に仕事を変えたいと考えているなら、適した時期を捉える必要があります。とりあえず、今やっている職場、や仕事内容について、嫌だと思う点を、10個、少なくても最低5個は箇条書きしてみてください。そうしておくと、再就職がスムーズになるはずです。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早急に今よりキャリアアップできるように、トライしてみましょう。