看護師|現在の自分の職場・仕事内容についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

看護師|今の自らの職場や仕事に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。

今現在の自分の勤め先や仕事内容に対して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや仕事での能力をきちんと評価されていない」よって、「報酬は上がらず、将来昇進する見込みもない」といった内容が多くを占めると思います。しかしながら、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自身の持っている器量を「過大評価」している場合が多いものです。万が一、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職がうまくいかないおそれがあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職に当たっては自身のキャパシティを客観的に見つめることから始めてみましょう。

あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」にお…

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移住した上で再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。ここ最近は求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外での求人情報にも手軽に知ることができますが、しかし、地方や郊外での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないので、その点がマイナスといえます。なので、転職サイトを使用するのは当然ですが、求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追いやられる事態になるおそれもあるので注意が必要です。

看護師|『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が強いのであれば…

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。ですが、このときに相談という形を取ると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。希望では区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての職場に対して信頼はなくなりました。

看護師|万一転身を決意したのであれば、あくまで会社の人にはこっそりと…

もしあなたが、とらばーゆを決意したなら、徹底して会社の人間にはそれを悟られないように、転職活動を進め、転職先が決まっていない間は、同僚に悟られないよう普段どおりに業務をこなしていくのがもっとも堅実です。現職中、その点を認識していれば、もしも条件に沿う転職先がうまくいかなくても、転身予定を遅らせながら、今の職をそれまで通りに残っても何ら問題がありません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、会社の人は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。それに加えて「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人はもうじき転職する」と広まります。そのような状況になってから、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、肩身の狭い思いををする可能性が高いです。