看護師|近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

看護師|現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許権を取得したことのある人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの連絡をもらったのなら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティング名目として、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、その手の会社は完全に嘘ですから騙されてはいけません。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職活動を行う上での最後の難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動を行う際の最後に残る難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先が採用の内定を出したとしても、現在勤務中の会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのもよくある話です。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強い意思を維持することが大事です。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そして、決定権を持つ上司と直接話し、退職を撤回する考えはありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠です。

最近はインターネットで見られる世界では「転職に役に立つサイト」に類するものが…

パソコンやスマホで調べればインターネットで見られる世界には「転職サイト」と呼ばれるものがあちこちに存在します。サイトを見て自分が欲している転職先というのを見つけたいなら、まずは情報を集めることをしましょう。このような転職サイトをきっちり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職を叶えられます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみましょう。

新卒採用で入社しましたが、転職に踏み切りました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際に退職する前後は、毎日大丈夫だろうか、と悩みました。でも、社会人になって数年後には仕事を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自身の転職活動のなかで理解したことで、自然と気持ちは楽になりました。1度、転職したことでなんというか、体が軽くなったようで、自分のしたい仕事を見つけることが楽しいものになりました。やはり「辞めることが悪」といった転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断してよかったと心の底から思っています。

看護師|転職の際に必須となる企業での採用面接でのしてはいけない…

転職候補となる面接でのやめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりすることは、それがそのまま悪い結果につながります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「給与システム」といったような、通常ならかなり質問しづらい内容を勇気を持って尋ねておくと、絶対にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に悪い結果になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。しかし、プラスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。こういった労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接で緊張していると、モジモジして質問できません。そこで、あえて踏み込んでおいたほうが、「ほかの人とは違うな」と面接担当者へのアピールとなるのです。