転職するため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容…

転職のため仕事探しをする際に特に注意が必要な求人情報は、…

  • 転職活動に注意すべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。このような求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがたいへん多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間というように求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が発生するため、給料に残業代を含んでおくというシステムです。(ちなみに、これは合法です)例えば『みなし残業代50時間込』という記載は「記載時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という話になります。ただし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともあるのでよく気を付けてください。

  • 看護師|時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経っ・・

  • 派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動したことで思い知らされました。結婚生活が落ちついたら、早く子供を授かりたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい現在の部署でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員よりも月収は少なかったのですが、ですが時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。が、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣だからといって、すぐに辞められる雰囲気などなく、悩みが増えました。

  • 良い転職先を見つけるためには、行動する前に意味のある情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら意味のある情報を集めることをしておきましょう。今では小規模な会社だって公式サイトに企業の紹介を書いているというのが多いから、ネットであれこれを調べておくとまたよくわからないこと等を解消しておくと転職に役立つはずです。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのもお勧めです。そのほか、インターネット以外の方法として希望している職場を自身の目で確かめることも大事なことです。

  • 在職期間中なら、状況が許す限り、水面下で(ちなみに私のと…

  • 就労期間にあるときは、出来るだけ同僚に気づかれないように、(ちなみに私自身のときは)雇用中に転社したいという気持ちのみを活動初期に同僚に仄めかして反応を見ました。ですが、その顎、転職サイトを色々とチェックしてみたのですが、結局就職する転職時期さえも計画も立てずに進めていたので、ダラダラ時間がムダになるだけでした。そして一方、会社の方も退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。

  • 大きな転職エージェントほど、豊富な案件を抱えているという魅力がありますが・・

  • 大きな転職エージェントに限って、様々な案件を抱えているという長所があるといえますが、その反面、転職希望登録者もたくさんいます。そのせいか気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当者が不可能だと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先することもあります。要するに大手のエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており応募しがたいので、考えを変更してもっと規模の小さなエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と相談すると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。