転職活動をしていると、面接において高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

看護師|転職活動中に、面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動中に、面接時に必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、転職理由について正直に話すのは得策ではありません。例をあげれば給料に対する不満、上司や同僚との人間関係など聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。もっとも、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

  • 看護師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。しかしながら、忙しく仕事をしつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考を通過し、いざ面接というときに辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

  • 看護師|仕事を変えようとするときに、とにかく会社を辞めた後で…

  • 新しい職を探すのに、まずは勤務している会社を辞めてからと考える人もいるようですが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておきましょう。ボーナスの支給がある会社は多く存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスの支給の日がもう少しのときには、それを待ってから退職するというのも賢明といえます。ボーナスは少々額が大きいので、手に入れておいた方がいいとも明らかなわけですから、転職しようと思ったらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを忘れないようにするのが賢い方法です。

  • 転職をする時に閲覧することになる求人情報については・・

  • 転職を考えている時に目を光らせることになる募集要項については、目安として、アバウトに書かれている可能性がありますから、掲載内容がすべて正確なことだとは迂闊に信じないほうが良いでしょう。とりわけ給与面に関しては、平均の金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というジャッジができない人も多く、自分勝手にとらえてしまうと、今後、悔いが残る可能性も少なくはないのです。それゆえ、そんな風にならないためにも、募集事項に関しては、目安だと思って、そういったようなとても重要な内容は直接連絡を取るのがよろしいです。

  • 転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもない…

  • 再就職先を探している間は、ついつい時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。だとしても、そうした過ごし方はおすすめしません。なぜなら、緊張感のない、ダラけた生活が普通になると、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。そうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、再就職先を見付けることが困難になってしまいます。転職先が決められなくなるのは、給料を最優先に考えるためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を続けるためにも、だれた生活は、転職活動中には必要ないのです。