3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに…

看護師|ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず・・

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう人というのもわりと多かったりします。何故そうかと思うと私の思うところは心機一転、転職先の環境に飛び込んだものの、「自分の期待していた職場環境と大きく違っていた」「会社独自のルールになじめない」ということで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • これはシフト制のある仕事についてです。

  • これはシフト制がある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、過去に私は出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の方が土日は必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い返してみると本当によくやってこれたなと思います。

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

  • 現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳罰に処せられる傾向にありますが、完全とはいえません。そこで、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番に質問をぶつけてみることです。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問してみると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を続けると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、化けの皮が剥がれるようになります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 看護師|再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に…

  • 再就職によって勤め先を一新するということは、自分自身に見合う勤め先に就職したいものです。勤務先を変えることによって、自分に適した仕事に有りつけるかもしれません。が、デメリットもあって、即戦力となりうる能力がないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に出会える、というだけの話です。近年は、職業選択の自由が社会的に普通に当たり前になっているので、転職しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。この様な情勢下では、こんにち「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

  • 派遣という形で仕事をする人が規制緩和の後、増えています。

  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が規制緩和の後、多くなってきています。派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い会社では、3割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。面接のときにきちんと返答しない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能な限り異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。