40をを超えているのに、結婚する相手になかなか巡り会えない…

広告
支援金詐欺 返金

40をを過ぎているのに、結婚相手をなかなか見つけられな・・

40歳をを過ぎているのに、結婚相手に巡り合うことができない、そのため結婚できない、はおかしな解釈です。年齢が40を超えていようとも、本気で結婚したいという気があって、婚活で断られてもめげない人であればいつかは結婚のチャンスはあるはずです。40歳を超えて独身でいる男女は、それぞれがいろんな経験をしているため、相手の性格は、こうであるべきだ、また、年収や容姿はこうでなければと完全に決めつけてしまっていることが結婚の妨げの原因になっている。つまりは、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを潰しているのです。それにプラスして、40歳を過ぎた男女は、一人で過ごす期間が長かった分自覚はなくとも楽をしたいという気持ちもあって、なぜか結婚相手に対して求めることが高くなってしまうのです。自身では気づけないかもしれませんが、周りから見たら、もしかして「高望み」しているのかもしれません。

看護師|「人は見た目じゃない」という風に言いますが、正しくもあり、間違いでもある、と思います。

「人は見た目で判断しない、中身だ」と言いますが、正解でもあり、不正解でもあります。結婚するなら、もちろん相手の中身は大切です。しかしながら、残念なことに心理学的には人というのは第一印象(見た目)で相手を判断し、そのうえその後の評価にもつながるとされているのです。(しかも出会って数秒でです)平たく言うと、自分の意思とは関係なく初対面の相手に対しての印象が決まってしまうということです。そのため、婚活では、好印象を相手に与えることが本当に大事なことなのです。いつも派手な色の服、または、ブランド物のバッグやアクセサリを持っていては、常識で考えると普通の女性だったら少なからず引いていまう可能性があります。あなたの求めるパートナーがそういった人なのであれば、問題ありませんが、あなたが普通の女性をパートナーにしたいのなら、普通の格好をしているほうが良い場合も多々あるのです。着飾らずいつもと変わらない自分でも不安にならなくてもいいのです。

看護師|「いつかは子供も持ちたいし、結婚したいけれど、今結婚活動するのはちょっと早いかも…

「将来的に子供も持ちたいし、結婚はするつもりではいるけど、まだ婚活するのはちょっと早いかも」と思っているのだとしたらその認識は正しくありません。また、女性は婚期を逃さない意味でも、20代の時点で婚活を意識しておきましょう。はっきりいって20代の女性と30代を比べた場合、需要が極端に違います。残念ながら、20代の方が婚活には有利となり、自分の理想と思える相手をゲットする可能性も高いのです。それに加えて、婚活は自分で予定しているよりもいい男性にめぐり逢い、結婚するまでの時間を要します。婚活歴が数年あるのに、自分の理想とする相手に出会えないという人はとても多いのが現実です。だから、将来、後悔しないためにも、できるだけ、早めに結婚活動を検討しておくのがお勧めです。

もしも、お見合いパーティーでのフリータイムの際に、どの人か・・

万が一あなたが、お見合いイベントでのフリータイムの時に、どなたからもまったく話しかけられないと地獄です。すぐにでもその場所からどこかに消え去ってしまいたくなるほど悲惨で悲しい思いになるでしょう。そのような、二度と経験したくない悲劇を完全に差し止めるために、参加前に気を付けておくべき大事なポイントがあります。男の人が女の人を選ぶ時、一番に重視することは、はっきり言って年齢と見た目です。また、年齢においては、とても残酷なことではありますが若ければ若い方が優勢です。あなたの年齢が参加するパーティーでの設定された年齢の下限ギリギリであれば、特別、努力せずとも人気を獲得できます。逆に言うと上限ギリギリであると、いくら見た目が素晴らしくても苦しい戦いになるでしょう。ですので、男の人の条件に食いついてあなたにとって不利な年齢設定のイベントに無理に出席するよりも、自分の歳より年上の同性がたくさん出席しているイベントに行く方がベストです。

看護師|あなたが本気で、婚活をスタートするのであれば、または、すでに結婚活動を始めてい…

真剣に、婚活を始めるつもりなら、また、すでに結婚活動している最中でチャンスを逃すことなく円滑に進めたいのなら、婚活にかかる費用を徹底することを考えましょう。どうしてかというと、せっかくの機会を無駄にしてしまう、なんてことになる可能性があるからなのです。多くの人が、お金に余裕があるとき、というのは、特に考えないものです。けれど、重要なときに使えるように備えておくといいです。素敵な相手に出会えたとしてもデートするお金がなくなると、大変です。交際費がない、ということが相手に知れたらこの人は浪費家なのかもしれない、とお金の面での信用されずに距離を置かれてしまう場合があるかもしれません。そうなってしまうと、最終的にはもしかしたら成功していたかもしれない婚活をダメにしてしまうのです。ですから、そのような事態を避けるためにも、交際費に関しては必ず用意しておく、がとても重要なことです。30,000円くらいは常に財布から出せるように徹底して管理しておきましょう。