ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、入ってす・・

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだ・・

  • ちょっと前に転職したばかりであるにも関わらず、早期に辞めてしまうという届を提出する人が結構多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると気持ちも新たに、転職先の職場を手に入れたものの、「自分自身の考えていた職場環境と違っていた」「会社のルールに慣れなかった」というワケで去っていくみたいです。可能ならこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、第一に、情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場環境、給与システム、などあれこれ調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日…

  • これはシフト制の仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を前もって聞いておいたほうが良いでしょう。以前わたしは出産のため抜けた人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際土日に冠婚葬祭が入ることもあり、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思えば「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして・・

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳しく罰する傾向にありますが、完全には至っていないと考えられます。面接で見破る方法があります。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目ひとつひとつについてあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、その場での回答を避けるなど逃げようとすることがよくあります。「給与」「残業」「休日」については、質問責めすると、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも食い下がると、ふてくされるような態度になるのでそこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。
  • 看護師|再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自身に見合っ・・

  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自身に見合った新たな就職先に再就職したいものです。勤務先を変えることによって、自分の向いている仕事に出会うかもしれません。とはいえ、現実に行動する際は、相応の努力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に就くことができる、ということなのです。今の社会は、職業選択の自由が普通に常識として認識されているので、転職を選択しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある昨今、「価値ある人材が欲しい」と思っている企業も増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。
  • 派遣会社を介して働く人が最近では多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働いている人が一昔前の規制緩和以降、増加しています。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかをなるべく面接のときに確認しておくべきです。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが情報をひた隠しにする業者も多く、酷い派遣会社では、労働者に2割しか還元しなかった、ということもかなりあります。面接のときにきちんと返答しない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるたけそこを利用するのは断念したほうが良いです。