看護師|婚活が目的で開かれるパーティーには、色んなカテゴリのものがありますが、普…

看護師|結婚活動が目的で行われるイベントでは、男性は結婚するために気の合う女性を見つ・・

  • 結婚活動が目的で行われるパーティーの場では、通常なら男性は結婚するために好みの女性を見つけ、女性は男性をゲットしに来ているというのが主旨なはずです。ですが、ビックリすることに、ごくまれに同性に声を掛けられることがある。そういうわけはそういうタイプの人はひと目で見て、異性に興味を示さず、こいつは結婚相手を見つけに来ているわけではないし同性の相手を見つけに来ているとはっきりと確信する時がある。もちろん稀ですが、実際、過去に1~2組、目にしたことがありますが、異性の相手と会場を出ていくのではなく、なんと同性の相手と会場を後にしその足でラブホテル街へ消えていくのを見てしまったことがあります。そういうことも、稀にですがあるので参加している同性の動向にも注意しておきましょう。

    この頃の婚活事情では、男性の年収が300万円程度だった場合は、…

  • 最近の婚活で相手を探しているのなら、年収300万前後の男性に対しては、経済面を考えると、資格持ちの女性が有利です。それが、年収が500万円ぐらいの場合だと、アルバイトをするくらいでも良いので、「私も働く意志がある」と、専業主婦にはなりたくない、という気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。さらに上、つまり相手の年収が700万円超えの場合は、専業主婦として、きちんと育児・家事全般を真剣に取り組むということを訴えるのが正攻法です。そのように対応することで男性は将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすいのです。何よりも楽に婚活を進めていけるでしょう。

    結婚活動で巡り合えた結婚したいと思える人に対し、自分自身をどうやってアピールするかは・・

  • あなたが行っている婚活で出会った結婚を意識できる相手に、自分をどのようにアピールするか大きな壁となり、一度は悩む問題です。恋愛をするのとは若干、性質が異なるため、結婚はこれからの人生を左右する問題でもあり慎重にいきたいものです。自分自身が相手を求めるときも、また相手があなたに惹かれていくのも、意識とは関係なく「本能」がそう感じることが影響している場合があったりします。とうぜん人も所詮は動物であるので生物学的な観点で考えれば、一番に相手を求める理由は、子孫繁栄です。けれども、すべての人が子供が欲しいと願っているわけではないのです。結婚したら子供を儲けたいと考えている場合、そのことに同意してくれる相手が必要ですし、子どもの面倒をきちんと見てくれる力量が相手にはあるのか、(特に男性に要求される)などの大切なことを、結婚活動時には必ずチェックしておくべきです。その確認をしないとこの点を軽視していると、後々子育てで対立したり、ワンオペ子育てになり夫婦関係がギクシャクし、結局、離婚や家庭内別居となるおそれもあるので要注意です。

    今後、結婚活動していこうと考えているのでしたら、最低限のマナーとして・・

  • 今後、結婚活動(婚活)しようとお考えなら、基礎として、できたほうがいいこと、があります。それは、お箸の正しい持ち方と、ただしい話し方です。もしも、できていないと思うことがあるなら、これから学んでおきましょう。そのわけはそれらの動作は、どういった環境で育ってきたか、また、きちんとマナーを心得ているかを相手はマメにチェックするわけです。またキレイな動きは、一生涯の伴侶となった場合にも男性側は恥ずかしい思いをせずに済む、と考えるからです。こういったことから、婚活を有利に進められるはずです。なので、真面目に婚活していく気があるのなら、このようなことを肝に銘じて行動するように心掛けてください。ダイエット・メイクといった見た目の努力も重要ですが、それ以上に、男性が気にしている部分があることを自覚してください。

    看護師|結婚活動で結婚について理想や想いなどを再認識する人も多いかと思います。

  • 婚活(結婚活動)をキッカケに結婚というものについて理想や想いなどを再認識する人も多いのではないでしょうか。また、成婚できるかどうかのカギとして結婚に対して想いがどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当スタッフに言われることがあると思います。そのとき、男女関係なく「明るく楽しい家庭を目指したい」とか、「この先、大事に思ってくれる相手と長い人生を歩みたい」などのように、答えるかもしれません。結婚生活を長い目で見たとき、一生、生活するのにどれぐらい適しているのか、空気みたいな存在になれるかが大事と言われるが、しかし、実際はそうではないようです。現実を見ると結婚後結婚に満足していない、失敗した、という人たちに、その理由を尋ねてみたら、「夫または妻に対して興味がなくなった」といった旨の回答が多くを占めるのです。