40をを過ぎても、結婚相手を見つけられない、そのせいで婚できないという・・

40歳を超えて、結婚相手に巡り会えない、そのせいで結婚できない、・・

40をを超えているのに、結婚する相手に巡り合うことができない、だから結婚できない、は言い訳です。40歳以上に限らず、本気で結婚したいという気がある、相手に断られてもめげない人がいつかは結婚できるはずです。その年齢まで独身でいる人は、それぞれがいろんな経験をしているため、相手の性格は、こうであるべきだ、年収や容姿はこうでなければと希望条件を設定しすぎてしまうことが原因になっています。無論、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを逃しているのです。加えて、40歳以上の人は、一人で過ごす期間が長いため楽をしたいと思う気持ちがあって、とうぜん結婚相手に対して求めることも高くなってしまうようです。自分では気づきにくいのですが、客観視してみると、単に「高望み」しているだけだったりします。

看護師|「人は見た目じゃない」と言われますが、正しいし、また間違いでもあります。

「人は見た目じゃない、中身が大切だ」なんて言いますが、これは正解でもあり、間違いでもあります。結婚するなら、100%相手の中身(性格・価値観など)は大切な部分です。しかし、残念なことに心理学的には人は第一印象(見た目)で相手を判断し、またその後の評価にもつながるとされています。つまり、自分の意図しない部分で初対面の相手に対する印象が決まってしまうということです。そのため、婚活をしていく際は、まずは、相手に好印象を与える、ということが大切なのです。毎回派手な色の服、または、ブランド物のバッグを使っているような人は、一般的な女性だったら少なからず引かれていしまうおそれがあるので要注意です。結婚したいと考える相手がそういったタイプなら、むしろ推奨できますが、あなたが普通の女性を必要としてるのなら、相手の女性と同じ普通の格好をしているほうが良いケースも多々あります。ありのままの自分でも婚活ではチャンスはある、ということです。

「将来的に子供も欲しいし、結婚はしたいけれど、まだ婚活をするのは早いかも・・

「いつかは子供も欲しいし、結婚するつもりではいるけど、今婚活をするには早いかな…」と感じているならそれは大きな間違いです。特にあなたが女性なら、20代前半から婚活をしておいても損はありません。20代の女性と30代とを比べた場合、需要が極端に違います。当然のことながら、20代の方が圧倒的に有利で、理想の相手をゲット出来る確率も高くなります。それに加えて、婚活は自分で考えている以上にいい男性に出会い、結婚するまでの時間が掛かります。数年、結婚活動をしても理想とする相手に巡り会えないというような女性は少なくありません。そういった理由から、そんな未来を迎えないためにも、早めに結婚活動を選択肢に入れてみてください。

仮にあなたが、お見合いイベントでのフリータイムの際・・

もしもあなたが、お見合いパーティーのフリータイムの際に、誰にも話しかけてもらえなかった場合、地獄です。いたたまれなくなり、今すぐその場所からどこかに消えてしまいたくなるほど悲惨で悲しい思いをするでしょう。そのような、二度と経験したくない悲劇を完全に避けるために、お見合いパーティーを含む婚活イベントに出席する前に気にかけておくべき大事な事があります。男性が女性を選ぶ場合、重視することは年齢とルックスなのです。また、年齢に関しては、とても残酷ですがどうしても若ければ若い方が好条件です。あなたの年齢が参加するパーティーにおける設定された年齢の下ギリギリの場合、特別、苦労をすることなく人気になることができます。ですが、それとは反対に上限のギリギリであると、容姿が美しくてもかなり厳しい戦いになるでしょう。そういった事実から、男性の条件に飛びついてあなたにとって不利な年齢が設定されているイベントに参加するより、あなたの歳より上の同性がたくさん参加しているイベントに参加するのが良い方法でしょう。

あなたが本気で、結婚活動を開始するのであれば、また、すでに結婚活動を始めて…

あなたが真面目に、婚活をスタートするつもりなら、または、すでに結婚活動を始めていてチャンスを逃すことなく円滑に進めようと思っているのなら、結婚活動にかかる費用を徹底することを忘れないでください。その理由は、せっかくの出会いを無駄にしてしまう、ことになるおそれがあるからです。誰でもそうですが、金銭的な心配をしなくても良いときは、そんなに考えたりしません。が、大事なときのために心配しなくていいように貯えておいたほうがいいです。いいなと思う相手と巡り会えたとしても交際費がなくなると、会うこともできませんよね。交際費すらない、という事実を知られたら金遣いが荒いのかもしれない、と経済面でまったく信用されずに距離を置かれてしまう場合があるかもしれません。そうなってしまうと、結果的としてもしかするとうまくいったかもしれない婚活が失敗に終わってしまいます。従って、そのようなことを避けるためにも、交際費に関しては必ず残しておくこと、が大切です。30,000円くらいは常に財布にあるように考えてみましょう。